大口注文特典、あなたに特典♪、カタログギフトプレゼント、ギフト、内祝い
もう贈りもの選びで迷いたくない!内祝い人気商品ランキング

結婚式のドレスやスーツのマナー!髪型、指輪や靴まで完全攻略!

向かい合う新郎新婦
Share

created:2019.08.31 /
updated:2019.07.05

結婚式の招待状が届いて出席するとなった時に迷うのが、ドレスやスーツなどの服装をどうするかです。

服装だけでなく髪型や指輪などのアクセサリーまで、マナーを守って気持ちよく出席したいですよね。

結婚式は新郎新婦が主役なので、どれだけ控えめに個性を出すことができるのかも腕の見せ所です。

頭の先からつま先まできちんとコーディネートするために、まずは守りたいマナーについて把握しておきましょう。

今回は結婚式のドレスやスーツのマナーについて髪型、指輪や靴までを詳しくご紹介していきます。

結婚式に着ていくのにふさわしいドレスとは?

結婚式に招待された時に、最初に思い浮かぶのは「着ていくドレスはどうしよう!」という人も多いのではないでしょうか。

結婚式に着ていくのにふさわしいドレスをご紹介する前に、選んではならないマナー違反のドレスについてみていきましょう。

上から下まで白のコーディネート

キレイ目なドレスで目立ちたいところではありますが、あくまで主役は花嫁なので新婦以上に目立ってはいけません。

デザインはさまざまあるにしても花嫁のドレスの色といえば、やはり白ですよね。
白は花嫁のドレスのみに許されているといっても過言ではないため、お呼ばれした人が白のドレスを着るのはマナー違反なのです。

もちろん部分使いで白を取り入れる分には問題はありませんが、全身を白で決めたスタイルをするのはやめましょう。

動物の毛皮を使ったもの

冬の結婚式の場合はドレス一枚だと寒いので、毛皮のコートでも羽織りたくなりますよね。実は結婚式というめでたい席において、毛皮やファーなど動物の毛皮を身につけることはマナー違反なのです。動物の毛皮を身につけるということは、動物の命を奪っている「殺生」を連想させます。

めでたい結婚式なのに殺生という物騒なことを持ち込むのは縁起が悪いといわれるため、革製品などは身につけるのを避けましょう。

合皮やフェイクファーの場合は厳密にいえば動物の毛皮ではありませんが、誤解を招くので同じようなものは身に付けないようにしてくださいね。

世界各国の民族衣装

世界各国ではドレスにあたる正装の民族衣装がありますが、日本の結婚式では適していません。
日本でおこなわれるのにチャイナドレスやチマチョゴリを着て出席するのは、チグハグになってしまいますよね。
各国では正装でも、日本ではマナー違反となることがあるのであえて選ぶ必要性は全くないでしょう。

上から下まで黒のコーディネート

全身白のコーディネートは花嫁のドレスより目立ってしまうのでマナー違反になりますが、実は黒のコーディネートも避けた方が良いのです。
全身を黒で固める時といえばお葬式なので、なんとなく暗い印象を与えます。

結婚式はおめでたい日でお祝いの気持ちを込めて出席するため、華やかさが出るように明るい出で立ちをしましょう。

露出度が高く体の線が出るもの

ドレス自体が派手でなくても、肩や脚の大部分が出ていて体の線が出ているドレスを着ているとみんなが注目します。
本来ならみんなが注目すべきは、主役である花嫁のはずです。

ゲストのドレスの方が別の意味で目立ってしまうと、花嫁に対して失礼になってしまいます。
スカート丈は膝丈、肩が出ないように羽織りものやショールを羽織りましょう。
マナー違反となるドレスなどの服装を把握しつつ、最適なものを選んでいきたいですよね。

結婚式には明るめの色のドレスが適していますが、パステルカラーなどの淡いイメージを選ぶと女性らしさが出るでしょう。

中に着るワンピースはダークカラーにしても、アンサンブルのボレロは明るい色にするなど差し色を入れることも大切です。
暗すぎず、派手すぎず…お呼ばれの際に着るドレスは、ちょうど良い塩梅でコーディネートしていきたいですね。

結婚式に着ていくのにふさわしいスーツとは?

結婚式に呼ばれたのは良いけれど、実はドレスなんて一着も持っていないという人も多いのではないでしょうか。

着ていくドレスがない場合、多くの人は代わりにスーツを着用して出席しようと考えます。

結婚式はフォーマルな場なので、正装にあたるスーツは一見どれでも良いように感じますよね。
実はスーツといっても、結婚式には着て行かない方が良いものもあるのです。

結婚式にスーツを着て行こうとしている女性が、押さえておきたいポイントについてみていきましょう。

パンツスーツは避ける

結婚式はフォーマル度としては最上級の場なので、出席する際は「正礼装」をする必要があります。

スーツならばなんでも正礼装だと思われがちですが、実は正礼装と準礼装、略礼装の三段階でフォーマル度が分けられているのです。
パンツスーツは略礼装に分類されるため、結婚式に着ていくのはドレスコードに引っかかってしまいます。

女性の正礼装はスカートスーツなので、スーツを着用する場合には膝が隠れる程度の長さのスカートと合わせるようにしましょう。

リクルートスーツは避ける

スーツはあまり持っていないけど、リクルートスーツなら持っているという人も若い世代を中心に多いですよね。リクルートスーツといえば、上下真っ黒な色が特徴です。
ドレスでも全身黒のコーデは避けた方が良いので、スーツもリクルートスーツは避けた方が良いでしょう。

どんな色のスーツを選べば良いのかというと、ネイビーかグレーがおすすめです。
どちらも暗すぎる雰囲気にならず、きちんとした印象を周囲に与えるからです。

スーツを着用する場合はスカーフを巻いたりハンカチを胸ポケットからのぞかせたり、コサージュをつけてワンポイント入れると良いでしょう。

結婚式にふさわしい髪型とは?

結婚式に着ていくドレスが無事決まった!と思ったら、今度は髪型について悩みます。

いくら素晴らしいドレススタイルが完成しても、髪型がきちんとしていなければ台無しです。
結婚式にふさわしい髪型について、ショートヘアからロングヘアまで詳しくみていきましょう。

ショートヘア

ショートヘアは単純そうに見えて、実はアレンジもなかなか思いつかなくて悩みやすい特徴があります。

髪が短くてアレンジしようがないと思われがちですが、実はバレッタやヘアピンなどのアクセサリーを使うと普段とは違うイメージになるのです。
ショートヘアの場合は例外的にダウンスタイルでも問題ないとされているので、清潔感があればそのままでも差し支えはありません。

ミディアムヘア

ミディアムヘアは結婚式に適したアップスタイルにできるか、微妙なところですよね。

ミディアムヘアの場合はアップにすると後れ毛が出てしまう可能性が高いので、ヘアピンを駆使していきましょう。

ヘアピンを使う時には目立たないように髪の毛の中に入るように差し込み、うまく隠していきます。
中途半端な髪の長さである場合は、編み込みなどを活用してスッキリまとめるのもおすすめです。

ロングヘア

ロングヘアはアレンジがしやすいので、結婚式の時に一番迷いにくい特徴があります。
同時に選択肢がたくさんあるため、どんな髪型にしたら良いのかわからなくなってしまう難点も。

基本的に華やかなドレスに似合うお嬢さんスタイルが適しているので、ハーフアップを思い浮かべる人も多いです実はハーフアップはカジュアルな印象があるため、格式高い結婚式では不向きなのですね。
髪の毛を結ぶのであれば全てアップスタイルにしてしまうのが、結婚式に適しています。

編み込みを活用するなどアレンジ方法はさまざまですが、もし自信がない場合は美容院でヘアアレンジをしてもらうと良いでしょう。
事前に予約が必要で費用もかかりますが、少なくとも髪型がうまく決まるかどうかという悩みは解消できます。

結婚式には指輪などのアクセサリーはしても大丈夫?

結婚式の最大のイベントとして、新郎新婦による指輪の交換があります。

主役のふたりの指輪交換があるのに、ゲストとしてお呼ばれした自分は指輪などのアクセサリーはつけても良いのか迷いますよね。
結婚式の服装において、アクセサリーで悩む人は非常に多いのです。

アクセサリーは一般的に昼と夜で分けて身につけるなど、マナーがあります。
具体的に指輪などのアクセサリーのマナーについて、詳しくみていきましょう。

昼間の結婚式でのアクセサリー

昼間に身につけるフォーマルな装いにぴったりなアクセサリーといえば、パールですよね。
昼間の結婚式の場合はネックレスやイヤリング、ピアスなどはパールを身につけておけば間違いありません。

指輪は結婚指輪でも婚約指輪でも、よほど華美なものでなければ大丈夫です。
重ねづけをしてオシャレな感じに身につけている人も多いので、ぜひ指輪に関しては気にせずつけていってくださいね。

夜の結婚式でのアクセサリー

夜は暗い中でも輝けるようにとの意味を込めて、ダイヤやスワロフスキーなどを身につけても良しとされています。
昼間にダイヤなどは刺激が強すぎますが、夜であればしっくりきますよね。ダ

イヤといっても一面に敷き詰められたようなギラギラしたものではなく、ワンポイントでキラッと光るような清楚なものを選びましょう。
夜であれば、婚約指輪のダイヤがちょうど良いアクセントになるのでおすすめです。

避けた方が良いアクセサリー

結婚式に身につけるのは避けた方が良いアクセサリーですが、全体的にカジュアルな印象になるものが挙げられます。
ステンレスやシルバーなどの指輪やネックレスは、普段使いのイメージが強くてカジュアルになってしまうのです。

結婚式はフォーマル度の高い場であるため、カジュアルな装いはアクセサリーであっても避けた方が良いでしょう。
派手すぎるものや、結婚式の雰囲気に合っていないものも身につけるのは避けてくださいね。

結婚式にふさわしい靴とは?

結婚式のドレスや髪型などが決まると安心してしまいますが、忘れられがちでも重要な部分が「足もと」です。

意外と最後の方になって「靴のことを忘れてた!」と慌てるケースも多いので、ドレスが決まったらすぐに靴を選ぶようにしましょう。

結婚式にふさわしい靴は、露出の少ないヒールが3センチ以上あるパンプスです。
オープントゥはつま先が露出しますし、ミュールはかかとが露出します。
足の一部分が露出しているのは結婚式では不向きとなるので、注意しましょう。

ヒールがフラットになったバレエシューズやブーツはカジュアルなので、フォーマルな装いには不釣り合いです。
ドレスの色と靴を合わせるなど、チグハグにならないように気をつけると良いですね。

まとめ

結婚式のドレスやスーツのマナーについて髪型、指輪や靴までを詳しくご紹介してきました。
ドレスは花嫁よりも目立たないというのが鉄則で、細かいマナーがあります。

スーツは結婚式に適した正礼装のスカートスーツを選んで、清潔感を出していきましょう。
髪型はアップスタイルが基本で、指輪は華美でなければいつも通りはめて大丈夫です。

忘れがちな靴も露出の少ないパンプスで、ヒールのあるものにするなど細かいマナーがあります。
結婚式はフォーマルな場だという意識を持って、ぬかりなく準備していきましょう。




▼▼ 住所がわからない人へのプレゼントにおすすめ! ▼▼

giftgear

自由なカスタマイズが可能な
想い伝わるギフト作成サービス


▼ 高麗人参サプリ 「 J's Kami 高麗 」 - こうらいマルシェ

こうらいマルシェ

▼ イベント景品の最新人気ランキング!

二次会景品ランキング

▼ ゴルフコンペ景品専門店

ゴルフコンペ景品専門店

▼ カタログギフト専門店

カタログギフト専門店

Tagsこの記事に関連するタグ

Share

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人

しきたり.net編集部

しきたり.net編集部

こんにちは。しきたり.net編集部です。贈り物のマナーや季節の行事やならわしなどをご紹介します。

ー おすすめギフトショップ -

myroom

MYROOM

愛知

サラダ館友部店

サラダ館友部店

茨城

サラダ館知手中央店

サラダ館知手中央店

茨城

GIFT創造館にったみどり店

GIFT創造館にったみどり店

群馬

サラダ館伊勢崎本町店

サラダ館伊勢崎本町店

群馬

ギフトショップマルケイ

ギフトショップマルケイ

東京

サラダ館青梅新町

サラダ館青梅新町店

東京

シャディサラダ館世田谷千歳船橋店

シャディサラダ館世田谷千歳船橋店

東京

サラダ館 聖蹟桜ヶ丘店

東京

サラダ館滝沢巣子店

サラダ館滝沢巣子店 (株)ササキ

岩手

サラダ館千葉一宮店

サラダ館千葉一宮店

千葉

Natura-Luce

Natura-Luce

神奈川

TOP