大口注文特典、あなたに特典♪、カタログギフトプレゼント、ギフト、内祝い
もう贈りもの選びで迷いたくない!内祝い人気商品ランキング

占いの種類や歴史とは?意外と知らない占いについて徹底解説!

星座 魔法陣
Share

created:2019.03.04 /
updated:2019.02.28

歴史的にも非常に古くから活用されている占いについて、みなさんはどのくらいご存知でしょうか。 
昔から人気の高いコンテンツの1つであり、みなさんも学生時代などに、恋愛占いやタロット占い等を使用してみた経験はあるのではないでしょうか。
そんな占いの歴史は古代にまで遡ることができると言います。
そこで今回は、古くから世界中で用いられている占いについてまとめました。最近ではインターネットの普及により、電子媒体での占いや、電話、チャットなどで手軽に占い触れられる環境が多くあるとも言えます。
もし人生で迷ってしまったときや悩んだときなどには、この文章を参考にしてぜひ安全に楽しく占いを活用してみてくださいね。

占いとは一体なに?

占いは、昔から人気の高いコンテンツの1つですよね。
最近では電子媒体の占いも多くなり、気軽に誰でもできるものとなってきているのではないでしょうか。特に若い女性の間で話題になることも多く、みなさんも学生時代などに恋占いなどをした経験もあるのではですかね。ではそんな占いについて、みなさんはしっかり理解していますか?
ここでは、知っているようで知らない占いについてご紹介します。

占いとは、様々な方法で人の運勢や将来の成り行き、人の心の内などをうらなうことをさします。
予言とは異なり、未来を当てることが目的ではなくて、対象の人物を良い方向へ導くという事が占いの本質であるので、予言や予知などとはまた違った性質を持っているものであるといえるでしょう。 
また、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と日本では揶揄されるように、占いは予言や予知とは違い、当たらなくても良いとされる一面もあるため、外れという意味の「裏」が無いということで「裏無い」と呼ばれる場合もあります。

占いを「統計」という視点から考察する人もいますが、多くの場合独自の理論や法則、経験などでなされており、それらの研究と何か関係があるという事ははっきりとわかっていないのが現状といえます。しかし、いまだに占いは高い人気があり、信じるものも多いため、本や雑誌に加え、インターネットや電話、チャットなど多くの媒体で占いを見かけることができます。

みなさんも占いについて興味が出てきたでしょうか。正しい知識を身につけて、安全に占いを楽しむようにしましょうね。

占いの種類について

古くから多くの国や地域で用いられてきた占いですが、その種類についてみなさんはどれくらいご存知でしょうか。
多くの種類を知っていれば、自分が人生で迷ったとき、悩んだときにその時々にあった占いを活用することができます。そこで、ここでは占いの種類についてまとめました。これを参考に、ぜひ占いを用いてみてくださいね。

占いにはざっくりと分けて「西洋占い」と呼ばれるものと、「東洋占い」と呼ばれるものの2種類があると言われています。
西洋占いはヨーロッパ諸国を中心として発展した占いであり、東洋占いは主に中国を中心として発祥したものという区分になっています。これらの違いは、文化的背景や思想などの違いからもわかるように、内容や手法も大きく異なるといえるでしょう。

星占いやタロット、手相などを用いて行われる占いは、西洋の「火」「風」「土」「水」の思想を基にして作られた西洋占いの1つです。
「火」「風」「土」「水」というのは、四大元素という考え方のことを指しており、星座を4つに分類して考えられた星占いや、タロットでいう小アルカナなどで用いられています。

姓名判断や風水、手相などを用いて行われる占いは、「陰」「陽」や「木」「火」「土」「金」「水」という陰陽五行説を基にして作られた東洋占いの1つをさします。多くの流派があることで有名な東洋占いは、非常にロジカルである「暦」という考え方を根底にしているため、物事の吉凶が明確に分かるということが特徴に挙げられます。

占いの歴史とは?

世界中においても古くから用いられてきた占いですが、みなさんはその歴史について知っていますか?
なんとなく知ったような気になっていても、いざ説明しようとすると難しいですよね。そんな意外に理解していない占いの歴史についてご紹介します。

占いは、かなり長い歴史を持つものだと言われています。なんとその歴史は古代にも遡ることができるとされています。古代使われていた例としては、星座で運勢を占うことを指す占星術では、古代において天文学のような位置づけだったといいます。
また、風水や生贄を用いた獣骨文字などの占いも古代から用いられてきたものであるとされています。これらの記録や呪術師と呼ばれる人物は、実際にも文献にも記載されているほどのものです。

ギリシャや中国を中心として発祥した占いは、紀元前4年ごろに、ギリシャをアレキサンダー大王が統一することで西洋諸国の各地の文明や文化と融合されたと言われています。その流れは、エジプトやバビロニアにいき、さらにはインドにまで伝わることとなり、全国へと広がっていくことになりました。

占いの由来や語源について

現代において、身近に楽しめるものともいえる占いですが、みなさんはその由来や語源についてご存知ですか。
占いの好きな方でもその由来や語源について詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか。 
ここでは、そんな占いの由来や語源についてまとめてご紹介します。

そもそも、占いという言葉の「うら」には、内面という意味で表には出さない心という由来が隠されています。
「うらかなし」という言葉が「心が悲しい」という意味で用いられたり、「うらやむ」という言葉で「心が病む」という意味を表したりするのと同じ使われ方ですね。

そして、占いという言葉の「ない」には諸説あるとされているようです。
そのうちの1つは、「縄を綯う」という言葉の「綯う」から発祥したという説です。藁を束にして、手でねじることで縄を作ると言う意味の「縄を綯う」言葉のことです。この由来は、心を縄のように綯うのと同じように、心を集中することで神と交信するなどという意味を持っています。
また、2つ目の由来としては、「心に合う」という意味からというものです。これは、占いをした結果、占いがあたるという意味が語源になっています。

古くからの言葉であるため、どちらの説に対してもはっきりとした確証はありませんが、昔は占いのことを名詞で「占」と言っていたとされ、その動詞形として「占う」と言っていたとされています。

占いの受け方について

近年ではインターネットの普及により、電子媒体や電話、チャットなどを用いた占いの新しい形が多くなってきました。それにより、占いを誰でも気軽にどこででも活用することができるというのが魅力の1つともなっているといえるでしょう。
しかし、占い師の方に直接占ってもらうというのも捨てがたいですよね。
初めてだと少し敷居が高く入りづらいイメージがあるかもしれません。
そんなときはこの文章を参考にしてぜひ占いを楽しんできてくださいね。

まずは占いの形態を確認し、どの鑑定が1番自分にあっているのかを見極めましょう。直接とは言っても、対面鑑定だけでなく、電話やメールなど多岐に渡ります。それぞれのメリットとデメリットを把握した上で選ぶようにしましょう。
また、それぞれの鑑定方法によって相場が異なります。料金も確認した上で自分の無理のない範囲で選択できるといいですね。

次に、相談したい内容についてまとめましょう。
そのとき、なんとなくでしか決まっていなくても結構です。どんな風に相談したいといった鑑定中の雰囲気や対応、相談の時間や料金などについても考えておきましょう。インターネットには事前相談チェックシートというものもあります。印刷して活用してみてもいいですね。

これらの情報を確認した上で、自分にあった占い師の方を見つけることができたら何よりです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

昔から恋愛や政治、迷ったときや悩んだときの道印的意味合いも強く、多岐に渡った目的のために用いられた占いですが、最近ではその手軽さからも若い女性を中心に人気が高いですよね。
みなさんも学生時代などに、一度は使ったことがあるのではないでしょうか。
今回はそんな身近ともいえる占いの歴史や種類、由来などについてまとめました。
また、対面鑑定の時の相談の仕方についてもご紹介しましたので、初めての方やこれから占いに行きたいと思っている方にも役立つポイントがたくさんあったのではないでしょうか。
占いは、今やインターネットや電話、メール、雑誌や本など多くの媒体で楽しむことのできるものへと変化してきているため、自分にあった鑑定方法を見つけることが大切なのかもしれませんね。

 

 

 




▼▼ 住所がわからない人へのプレゼントにおすすめ! ▼▼

giftgear

自由なカスタマイズが可能な
想い伝わるギフト作成サービス


▼ 高麗人参サプリ 「 J's Kami 高麗 」 - こうらいマルシェ

こうらいマルシェ

▼ イベント景品の最新人気ランキング!

二次会景品ランキング

▼ ゴルフコンペ景品専門店

ゴルフコンペ景品専門店

▼ カタログギフト専門店

カタログギフト専門店

Tagsこの記事に関連するタグ

Share

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人

しきたり.net編集部

しきたり.net編集部

こんにちは。しきたり.net編集部です。贈り物のマナーや季節の行事やならわしなどをご紹介します。

ー おすすめギフトショップ -

myroom

MYROOM

愛知

サラダ館友部店

サラダ館友部店

茨城

サラダ館知手中央店

サラダ館知手中央店

茨城

GIFT創造館にったみどり店

GIFT創造館にったみどり店

群馬

サラダ館伊勢崎本町店

サラダ館伊勢崎本町店

群馬

ギフトショップマルケイ

ギフトショップマルケイ

東京

サラダ館青梅新町

サラダ館青梅新町店

東京

シャディサラダ館世田谷千歳船橋店

シャディサラダ館世田谷千歳船橋店

東京

サラダ館 聖蹟桜ヶ丘店

東京

サラダ館滝沢巣子店

サラダ館滝沢巣子店 (株)ササキ

岩手

サラダ館千葉一宮店

サラダ館千葉一宮店

千葉

Natura-Luce

Natura-Luce

神奈川

TOP