大口注文特典、あなたに特典♪、カタログギフトプレゼント、ギフト、内祝い
もう贈りもの選びで迷いたくない!内祝い人気商品ランキング

八百万の神の由来と神道とのつながりは?神様はどういう存在なの?

何体もの地蔵
Share

created:2018.12.14 /
updated:2019.04.14

八百万の神とはその名前の通り、たくさんの神様の事なのです。
日本では、自然界の全ての物に神様が居ると考えられているので八百万の神という呼び名がついているのです。

八百万の神とは言っても、神様は目に見えないためどのように信じれば良いのかわかりませんよね。
八百万の神はどういうもので、八百万の神に対してどう振る舞えばよいのか、信じると何が起きるのかを説明いたします。

八百万の神の由来は?

昔話や神社巡りが好きな方は聞いたことがあるかもしれませんが、日本では自然界の物全てに神様が宿っていると考えられていて、八百万の神と言われています。
自然界の物全てということは、山や川、トイレやお味噌汁の中にも神様が居るということなのです。
自然界の物全てに感謝するという気持ちの表れが、いつしか神様になったのです。

世界にはたくさんの神様が居て、人々はそれぞれを信仰しながら生活しています。
神様の存在を信じていない方も居ますが、信じるか信じないかということは個人の自由なのです。
神様はある形をしていたり、全く形の無い物だったりと実態もさまざまなのですが、信仰は人々が生活する中で力をくれる物なのです。

日本には、他の国よりもはるかにたくさんの信仰があり宗派もさまざまです。
日本で生まれた物や、海外から来た物などが混ざり合い存在していますが、日本ではその全ての信仰を受け入れるという広い心があります。
どのような神様も受け入れるという心が八百万の神ができました。
元々日本人は「絶対にこの神様が一番だ」という思想はあまり持ち合わせていないのです。
さまざまな物に神様の気配を感じ取るのが日本人なのです。

自然界には人間の考えではかりしれない物もたくさんあります。
災害などはその最たる物で、大きな災害を見た時に恐怖や畏怖と共に不思議さに圧倒されてしまうのです。
元々災害の多い日本では、災害を克服しようという考えではなく神様のした事と考えるようになりました。
神様の怒りや喜び、悲しみなどが自然界にあふれるため、人々は常に神様の気持ちを考えていました。
特に神様を怒らせてしまうとどのような災害が起きるのかという恐怖でいっぱいになってしまい、神様を楽しませれば良いという考えになったのです。

身の回りにある神様を楽しませるにはまず大切に扱うこと、これは「物を丁寧に扱う」「礼儀正しくする」という精神にもつながっているのです。
身の回り全て、つまり八百万の神を楽しませようと人々はゆとりのある清潔な生活をするようになりました。
さらに楽しませようと始まったのが祭りで、その祭りも各土地で変化が起きどんどんと増えていきました。
信仰する神様にも願望や願いが反映されるようになり、神様の数も増えて八百万という言葉でも足らなくなる日がくるかもしれないほどなのです。

身の回り全てに神様が居るということは、自身が毎日神様に包まれているということなのです。
その多福感は八百万の神が存在しているという気持ちだけで得られるため、つらい時や悲しい時にも支えてもらえることができるのです。
日本人は信仰も大切ですが、毎日を平和に過ごすための工夫として八百万の神を生み出したのでしょう。

神道と八百万の神のつながりは?

神道とは日本の宗教です。
具体的な教えや教本がなく、創始者も居ない宗教ですが現在にも残っています。
基礎は日本神話や古事記、日本書紀で、自然と神様は常に一体であるという考えでした。
宗教としての名前はなく、神道と呼ばれていてこの世界の自然には全て神様が宿ると考えられています。

仏教は主に人々の魂を救う目的で信仰されていますが、神道は部族や村といった共同体を守るために信仰されてきました。
現在神道には約85000もの神社が登録されています。
支持者も約1億600万人いるのですが、神道がそれまで人々を引き付けるのは日本人に共同体や仲間を守るという精神があるからなのですね。

神道は他の宗教と異なり、他宗教が混ざっています。
神様がたくさん居るという所で八百万の神とつながっているのです。
わかりやすい所では七福神です。
今では日本の神様として祀られている七福神ですが、その中で日本の神様は恵比寿様だけなのです。
残りの3体が中国で、3体がインドから来た物なのですが日本の神様として祀られているのが不思議ですよね。

神道は日本の神様が完璧ではないという事を知っているので、他の国の神様が入ってくることにも寛容なのです。
人間と同じ様に神様も完璧な存在ではないと教えてくれるので、親しみもわきますね。
他の神様の良い所を認めて受け入れる日本の懐の深さも八百万の神につながっているのです。

八百万の神が一度に集まる時はあるの?

人間でも動物でも、集会や話し合いで集まる時があるのですが八百万の神にもそのような時があるのでしょうか。
実は毎年11月から12月(旧暦10月)にかけて、島根県の出雲大社には日本全国の土地の神様が縁結びの会議のために集まるのです。
元々出雲大社は縁結びの神や福の神がいる所として有名な場所なのですが、そこに神様が集まって縁結びについて会議をするのはロマンティックですよね。
縁結びはすなわち人と人とのつながりを持ち、幸せを願う物です。

10月は「神無月」とも呼ばれていますが、神様がたくさん集まるため出雲地方では「神在月」と呼ばれています。
現在でも「神迎神事」や「神迎祭」が行われていて、観光客や地元の方の目を楽しませてくれています。
縁結びとは男女の物だけではなく、向こう1年で出あう全ての物とのご縁があるように願う物です。
そのためにやってきた神様をおもてなしするためにさまざまな行事が行われているのですね。

その土地の大きな神様は、地元の方を守るためにその場を動くことはありませんが、八百万の神が一度に同じ場所に集まるということはすごいことなのです。
八百万の神は目には見えませんが、神在月の時に出雲に来ればたくさんの神様のパワーを感じられるかもしれませんね。

神様とはどういう存在なの?

目に見えない存在である神様はどういう存在なのでしょうか。
自分を守ってくれたり、力を貸してくれたり、戒めてくれるという存在ではあるのですが、一体どういう物なのかははっきりとしないのです。
神社だけでなく身の回りに居るという神様は、身近な存在であるはずなのに一言では言い表せません。
そもそも偉くて素晴らしい力があるのに身近な感じがするのは、人間が神様から生まれてきたからなのです。

神道の考えではこの世の全ての物が神様から生まれてきたと考えられています。
つまり私たち人間も自然も同じ神様の子どもなのです。
神様に対する気持ちを考えてみると、尊敬する親にも似たような気持ちになりませんか。
子供のころに怒られた気持ちや悲しかった気持ち、楽しかった気持ちなど、親が与えてくれた物を神様も与えてくれています。
時に戒めてくれたり慰めてくれたりと、よりそってくれる所も似て居ますよね。

親という存在は「自分を生んで育ててくれた者」と一言でも言えますが、それだけなら他にも居るのす。
親も神様も唯一無二の存在であり、多方面から自分を見守ってくれるというのはもはや空気にも近いのです。
目に見えないけれどなくてはならない存在、確かにはっきりとわかる存在が神様なのです。
ですから他の方が想像する神様と、みなさんが想像する神様の形も異なります。
それぞれの神様が心の支えになっているのですね。

八百万の神に好きになってもらうには?

八百万の神に好きになってもらえれば、毎日の生活が楽しくなってハリが出てきます。
八百万の神に好きになってもらうというのは抽象的ですが、ようするに周りの物全てを大切にして感謝すれば良いのです。
この世の全ての物に八百万の神は存在していますので、自分の目につく物全てをいつくしむように心がけてみましょう。

美しい景色を見て感動し、友人をもてなし、部屋を清潔に片付け、食事はおいしくいただき好きな服を着て笑顔で毎日を過ごす、それこそが八百万の神に好きになってもらう方法なのです。
この方法は八百万の神だけではなく周りの方にも好かれるようになり、自分自身も好きになることができるのです。

自分を好きになるという事は難しいのですが、自分を好きになるとさまざまな可能性が生まれてきます。
今まで無理だと思ってた事に挑戦したくなったり、周りの方に頼られる存在になったりと気持ちや状況が変化していきます。
自分に自信が無くなってしまった時や、上手くいかない時にはまずは周りの物を大切にしてみましょう。
八百万の神は自分の精神を映す鏡でもあるのです。
健やかな毎日を過ごすために少しだけ周りに目を向けると変化が起きてきます。
その変化こそが八百万の神の力なのです。

まとめ

八百万の神は自然界の全てに存在しているため、目には見えないけれど確かにそこに居るのです。
八百万の神の存在は私たちを見守り、毎日力をくれます。
身の回りを清潔にしたり、良質な睡眠をとったり、バランスの良い食事をすることが八百万の神への恩返しなのです。

八百万の神に好まれる生活というのは、周りの方にも好まれて自分自身も幸せになります。
その繰り返しが豊かな毎日を生み、また八百万の神に感謝するという良い生活になるのです。




▼▼ 住所がわからない人へのプレゼントにおすすめ! ▼▼

giftgear

自由なカスタマイズが可能な
想い伝わるギフト作成サービス


▼ 高麗人参サプリ 「 J's Kami 高麗 」 - こうらいマルシェ

こうらいマルシェ

▼ イベント景品の最新人気ランキング!

二次会景品ランキング

▼ ゴルフコンペ景品専門店

ゴルフコンペ景品専門店

▼ カタログギフト専門店

カタログギフト専門店

Tagsこの記事に関連するタグ

Share

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人

しきたり.net編集部

しきたり.net編集部

こんにちは。しきたり.net編集部です。贈り物のマナーや季節の行事やならわしなどをご紹介します。

ー おすすめギフトショップ -

myroom

MYROOM

愛知

サラダ館友部店

サラダ館友部店

茨城

サラダ館知手中央店

サラダ館知手中央店

茨城

GIFT創造館にったみどり店

GIFT創造館にったみどり店

群馬

サラダ館伊勢崎本町店

サラダ館伊勢崎本町店

群馬

ギフトショップマルケイ

ギフトショップマルケイ

東京

サラダ館青梅新町

サラダ館青梅新町店

東京

シャディサラダ館世田谷千歳船橋店

シャディサラダ館世田谷千歳船橋店

東京

サラダ館 聖蹟桜ヶ丘店

東京

サラダ館滝沢巣子店

サラダ館滝沢巣子店 (株)ササキ

岩手

サラダ館千葉一宮店

サラダ館千葉一宮店

千葉

Natura-Luce

Natura-Luce

神奈川

TOP